読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ分析エンジニアのブログ

日常のことからプログラミングや機械学習まで@六本木

ビッグデータの正体

結構前から話題になっていて、ずっと読みたいなと思っていた本。


研究でそれっぽいことをやるので、まず技術を学ぶより、
外観をざっとつかんだ方が良いと思い購入してみました。


まず一言感想を述べるとやっぱり読んでよかった。
この本では、ビッグデータ思考とも言われる、
ビッグデータに対する考え方について大きな割合が割かれていて
研究などを始めるに当たって、必要な視点が得られたと思う。


また今まで大学で学んでいた標本抽出などの統計の知識が、
これからは不要になる、と書かれていてこれにはかなり衝撃を受けました。笑
じゃあ、いままで自分たちが学んでいたのはなんだったのかと、、、


前述したように、難しい話は書かれておらず、ビッグデータに対する考え方や
これからのビッグデータとの付き合い方について言及している本なので、
専門的な知識を持っていないような人にもオススメできる一冊です。