読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ分析エンジニアのブログ

日常のことからプログラミングや機械学習まで@六本木

PHPにmemcachedを導入

PHPでDBから情報を取得するとき
高速化のためにキャッシュを導入することがあると思います。
そのキャッシュにも色々種類があって、、

memcached
・テンプレートエンジンであるSmartyのキャッシュ
APCキャッシュ
・サーバーキャッシュ

僕が思いつくのはこのくらいですね。
今回はmemcachedの導入方法について簡単に説明していきます。

1. memcachedのインストール
  sudo yum install memcached

2. memcachedの起動
  sudo service memcached start

3. memcached自動起動設定
  sudo chkconfig memcached on

4. php-pecl-memcachedライブラリのインストール
 (PHPからmemcachedを使えるようにする)
  sudo yum install php-pecl-memcached

5. httpdのリスタート
 (webサーバ経由で行う場合、再起動が必要)
  sudo service httpd restart

実用例

<?php
        // キャッシュへの保存
        $m_cached = new Memcached();
        $m_cached->addServer('localhost', 11211);
        $m_cached->set('key', 'string_cached', time() + 7 * 24 * 60 * 60);
?>

<?php
        // キャッシュから取り出し
        $m_cached = new Memcached();
        $m_cached->addServer('localhost', 11211);
        if ($string = $m_cached->get('key')){
                echo $string;
        }
?>